福祉用具専門相談員に求められる能力とは?

福祉用具専門相談員という業種は、西暦2000年の介護保険制度が施行されると同時に誕生しました。福祉用具を使用する利用者と介護者にとって最も頼りにされる存在の職業です。

 

介護保険を利用する方は、なにかしらの福祉用具を使用します。貸与の対象種目は、車椅子、車椅子の付属品、特殊ベッド、痴呆老人徘徊探知機、移動用リフト(つり具の部分は除外)、となります。

 

販売の対象種目は、腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用のつり具の部分となります。利用者は自分にどのタイプの福祉用具が必要なのか?どれを貸与または購入すべきかを迷うものです。

 

その時に、適切なアドバイス、納品、使い方などの説明、アフターケアをするのが福祉用具専門相談員の仕事となります。求められる能力は、コミュニケーション能力です。

 

利用者や介護者(主に家族)が何を求めているか?どうしたいか?使ってみてどう感じたか?などを、身体や心の変化を察知できる能力が必要です。

 

じっくり話を聴く、正しい情報を正しい言葉で表現する、そして相手の満足度を知る力があれば、この仕事は楽しくて仕方ないでしょう。

 

コミュニケーションをとる相手は、利用者や介護者だけではありません。福祉用具を取り巻く福祉用具のメーカーの方、介護職員、ケアマネジャーとの連携が欠かせない仕事です。

 

もうひとつ、求められる能力として、力があることです。福祉用具の中にはベッドなどの大型の物もあります。たとえ力がなくても、物を運んだりするのが好きな方は腰を痛ためないように作業することをお勧めします。

 

福祉用具とは、利用者にとっては魔法の道具のような物です。今までできなかったことが、福祉用具のお陰で出来るようになったり、今までより楽な姿勢を保てたり、こんな嬉しいことはありません。

 

それを一緒に喜んであげることのできる人は最もこの仕事に向いていると言えるでしょう。利用者、介護者の心に寄り添い、周囲の方々から喜ばれる福祉用具専門相談員は今大変需要の高い職種です。