福祉用具専門相談員の魅力とは?

福祉用具専門相談員の魅力とは、病気や加齢で身体の機能が低下した利用者に対し適切な福祉用具を提案することで大変喜ばれることです。介護護保険制度施行前は、福祉用具の多くは公的に給付されていました。

 

福祉用具を具体的に選ぶ権利は利用者にはなく、十分なサービスはうけることができませんでした。また、一定以上の所得がある方はこのサービス自体受けることができない場合もありました。

 

介護保険制度施行以降は、福祉用具の貸与(車椅子、車椅子付属品、特殊寝台、特殊寝台付属品、褥瘡予防用具、体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助杖、痴呆性老人徘徊探知機、移動用リフト)と、購入(腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフト付属品)が利用できるようになりました。

 

これにより、福祉用具の市場環境が大幅に変わりました。介護保険制度とは関係はありませんが、大型スーパーや専門店で高齢者や障害者用の食器や衣類などを見かけるようになりましたね。世の中の関心が高齢者の福祉用具に寄せられ、また明るいイメージになりました。

 

近年ではテレビコマーシャルで高齢者用の紙おむつが明るく元気に放送されるのを見て嬉しく思います。一昔前は隠すものでしたから。今なお、福祉用具の研究開発が進んでおり、利用者にとって楽しみの一つとなりました。

 

そして福祉用具の存在は家で介護をしている方の大きな助けとなっています。そんな魔法のような道具をお運びできる福祉専門相談員はとても魅力的ですね。利用者や家の方に流行の福祉用具の情報を伝えたらとても喜ばれたという話も多々聞きます。信頼され頼りにされ、ますます仕事にやりがいを感じることでしょう。

 

日々多種多様な福祉用具に囲まれ、自然と自分の身内の人間に合う用具がどれか分かったり、将来の自分に合わせて考えてみたり楽しみは限りがありません。利用者の役に立つばかりでなく自分の役にも立つ大変魅力的な職業ということになります。