福祉用具専門相談員の資格とは?

福祉用具専門相談員とは、どのような資格なのでしょうか。興味があるという方や、仕事で関わっているという方もおられるかもしれません。

 

ここでは、福祉用具専門相談員について、詳しくご説明していこうと思います。

 

福祉用具専門相談員って?

福祉用具専門相談員とは、介護を必要とする方と介護を行う方、その両方の立場にたって、様々な福祉用具の中から利用者様の介護度・状態・障がいの度合いなどに応じて、福祉用具を選ぶという仕事です。

 

福祉用具を利用することによって、一人で目的の事を達成できるようになったり、外出できるようになったり、様々なことが可能となります。

 

一人ひとりの利用者様に合った福祉用具を選ぶということは、その利用者様の自立を支え、その人らしい生活を実現するという、とても重要な役割でもあります。

 

福祉用具専門相談員は、高齢社会となった今、ますます需要が高まっている資格でもあり、仕事でもあるのです。

 

福祉用具専門相談員は、福祉用具貸与事業所一つにつき、2名以上配置することが義務付けられています。

 

今後介護保険がさらに見直され、福祉用具専門相談員を必要とする事業所も増えていくと思われます。

 

一人の方の日常生活をサポートし、介護者の負担も軽減できるということから、とてもやりがいのある仕事となっています。

 

資格を取得するためには、福祉用具専門相談員指定講習を受講し、修了することによって資格が得られます。

 

特別な受講資格などは無く、どなたでも受講することが可能となっています。

 

あわせて取得したい資格

福祉用具専門相談員として仕事をしていく上で、あわせて取得しておきたい資格があります。それは、「福祉住環境コーディネーター」です。

 

この資格は、住宅改修を行う際に、対象となる方の生活をよりよいものとするため、様々な職種と連携し、住宅改修の提案を行っていくことが出来る資格です。

 

福祉用具専門相談員として仕事をする中で、福祉用具だけではまかなえない部分がある際、住宅改修という手段をとることも珍しくありません。

 

ですので、福祉住環境コーディネーターの資格があることで、仕事の幅がさらに広がる事になります。