福祉カレッジ|福祉用具供給事業従事者研修の特徴&評判とは?

藤仁館学園 池袋福祉カレッジでは、福祉用具供給事業従事者養成研修が行われています。

 

こちらの研修の特徴や評判について、ご紹介していきます。

 

福祉カレッジ 福祉用具供給事業従事者研修

こちらの研修の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

 

・福祉用具専門相談員と福祉用具供給事業者の両方の資格が取得できる
・ケアマネジャーの受験資格が得られる
・池袋校では火・水・木・土・日曜日のコースが選べる
・無料振り替えが可能

 

など、このような特徴があります。では、以下詳しくご説明します。

 

2つの資格が取得できる

福祉カレッジは、福祉用具専門相談員(埼玉県指定・群馬県指定)と、福祉用具供給事業従事者養成研修(一般社団法人シルバーサービス振興会指定)の指定校となっています。

 

そのため、福祉用具供給事業従事者養成研修を受講することによって、福祉用具専門相談員の資格と、福祉用具供給事業従事者の資格の両方を取得することが可能となっています。

 

この二つの資格を、たった6日間で同時に取得できるというのは、とても魅力的となっています。

 

ちなみに、シルバーマークの取得事業者は、福祉用具供給事業従事者がスタッフとして福祉用具の貸し出しを行わなくてはならないことになっています。

 

ケアマネジャーの受験資格が得られる

福祉カレッジでは、社団法人シルバーサービス振興会が指定する「福祉用具供給事業者専任研修会」というものが開講されることがあります。

 

開講された際に、この研修会を受講して、修了した場合には、5年以上の相談援助の実務経験を行うことで、ケアマネジャーの受験資格を得る事が可能となります。

 

今回ご紹介している講座とは別のものになるのですが、同じ福祉カレッジの講座において、このようなことも可能だという事は、大きな特徴と言えます。

 

曜日のコースが選べる

福祉カレッジの池袋校では、火・水・木・土・日曜日のコースが選べるようになっています。

 

講座は全部で6日間あり、曜日によってコースが分かれているというのがポイントです。

 

もし自分の仕事や家庭の事情などから難しい曜日があったとしても、都合の良い曜日のコースを選ぶことが出来ますので、とても助かります。

 

一年を通して毎月開講されているという点でも、自分の希望にあった学習計画を立てることが出来ます。

 

無料振り替えが可能

こちらの講座では、無料振り替えが可能となっています。

 

欠席した場合には、無料で振り替えが出来、補講を受ける事が出来ます。

 

池袋福祉カレッジ、大宮福祉カレッジ、高崎福祉カレッジのいずれにも出席できるということで、かなり自由度が高いと言えます。

 

こちらの講座の評判はとてもよく、事務員の方の対応も親切で嬉しかったという声が多くあります。

 

各校によって受講できるコースの曜日が様々ですので、自分に合ったスタイルで学習していくことが出来ます。

 

都市部にお住まいの方であれば、通いやすいスクールとなっていますので、おすすめです。