「福祉用具専門相談員」と「住環境コーディネーター」の違い

福祉用具専門相談員と似ているようなイメージがあるものの一つに、福祉住環境コーディネーターがあります。

 

この2種類の資格の違いには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、この2種類の違いについて見ていきたいと思います。

 

福祉住環境コーディネーターとは

そもそも、福祉住環境コーディネーターとはどのような資格なのでしょうか。

 

福祉住環境コーディネーターとは、高齢の方や障がいをお持ちの方が、自立した生活を送ることができるように、住環境についての提案を行っていくアドバイザーです。

 

医療や福祉、建築などについての知識をもって、それぞれの専門家と連携をはかりながら、住宅改修に関する提案に携わる事になります。

 

例えば、ただ手すりを設置するだけであっても、その方が一番立ち上がりやすい位置への手すりの設置を提案したり、階段の幅や段差の高さなどについても、その方に合った提案を行っていきます。

 

つまり、住宅改修において、不用で無意味な改修とならぬよう、一人ひとりに合ったプランを考案するという仕事を担っていく存在です。

 

福祉用具専門相談員との違いは?

その福祉住環境コーディネーターと福祉用具専門相談員の違いと言うのは、上記の内容から明らかになったのではないでしょうか。

 

福祉用具専門相談員は、介護保険を適用し、福祉用具を利用することになる利用者様の要望に応じて、その方に合った福祉用具を選んだり調整したりする仕事です。

 

その際に住宅改修を提案することがあり、福祉住環境コーディネーターの資格を持つ方と関わったり、もしくは自身がコーディネーターの資格を取得することで、利用者様によりよいサービスを提供できることになります。

 

簡単に言うならば、福祉用具専門相談員として就職する際に、福祉住環境コーディネーターの資格があると良いという事です。

 

私自身、福祉住環境コーディネーターの資格を所持していますが、その資格単体で就職するという事は難しい部分もあり、スキルアップのために取得するというようなイメージが分かりやすいかと思います。