福祉用具専門相談員の資格はこんな人におすすめ!

2000年の介護保険制度施行によって誕生した福祉用具専門相談員は、福祉用具を使用する利用者や介護する人にとって、安心して頼れる存在です。

 

福祉用具を利用する事で、出来なかったことが出来るようになったり、身体がとても楽になったりします。その陰には、いつも福祉用具専門相談員が大きな安心感を与えてくれているのです。

 

利用者の喜びは私の喜び

介護者の手を借りなければ移動することも出来なかった利用者が、福祉用具を使用して自分で排便出来るようになったとしたら、その利用者の喜びはどれ程でしょう。

 

特殊ベッドを起こして、体位変換して吊り具や手すりでベッド横の移動便座に自分で座れた、時間は掛かるけれども、家族の手を借りずに出来た時の喜びは、家族にとっても大きな排泄介助の仕事から解放される喜びに変わります。

 

これは、福祉用具専門相談員に相談して用具の選定と使用の仕方を学び、受け入れ利用者のやる気に繋がった結果です。利用者やその家族の喜びを自分の事として、一緒に喜び、この仕事をしていて良かったと満足し、やりがいを感じることが出来るでしょう。

 

苦しみや辛さを共感し自分の事として受け入れ、喜びに変えるにはどうしたら良いかと考えることが出来る人には大変向いている仕事でしょう。

 

コミュニケーションの大切さ

福祉用具は「もの」ではありません。利用者にとっても介護者にとっても「魔法の道具」になるのです。「魔法の道具」に必要なのが、「魔法の言葉」コミュニケーションです。

 

福祉用具のメーカー、ケアマネージャー、介護職員の間でも正しい情報交換や商品説明が必要になりますが、説明書通りの話し方、聞き方だけでは良い連携は出来ません。実際に福祉用具を使用する利用者やその家族に取ってはなおさらです。

 

利用者の話に耳を傾け、自分の事として一緒に考え福祉用具の必要性を理解してもらいます。人の話に耳を傾け理解し状況を判断して、福祉用具の知識をフル稼働して話します。

 

コミュニケーションを取ることが好きな人は、福祉用具専門相談員の資格をとって介護の世界に踏み出すのもよいのではないでしょうか。おしゃべりが好きな人ではありません。利用者の喜びを自分の喜びに出来る人にとって、コミュニケーションは必須なのです。