福祉用具専門相談員の重要性とは?

福祉用具専門相談員の重要性は、今日本全体で質の高い介護ケアサービスを求められていることに関係しています。要介護認定を受けた利用者の多くは在宅で、または施設で生活をしています。

 

そして低下してしまった身体機能を福祉用具を活用して生活の自立を目指している高齢者は多くいます。その場面で福祉用具専門相談員の重要性が発揮できるのです。この専門職は、各種専門用具のことを知ると同時に利用者の事も知る必要があります。

 

福祉用具を導入したいと思っている利用者と直接会い、どのような環境でどのような生活をしている方なのかをまず知ることから始まります。気がついたことはケアマネジャーに報告し、相談しながら利用者に適合した福祉用具を選定します。

 

利用者の声、意見を尊重しながら利用者が快く福祉用具を使用できるよう努めます。もし、福祉用具専門相談員がいなかったらどうなるでしょう?実際に、福祉用具専門相談員が不在の場合、看護師や介護士が代わりにその仕事をすることも可能です。

 

しかし、福祉用具関連の知識まで看護師や介護士が完全に把握するにはかなりの労力が要されます。福祉用具にはいろいろな種類があります。また介護保険制度を利用できるもの、できないもの、また、レンタル対象のもの販売対象のもの、いろいろあります。それらはやはり福祉用具の専門員がしっかり認識していなければ、利用者も安心してこの制度を利用することができません。

 

福祉用具を利用者に導入すれば仕事が終了するわけではありません。その後にモニタリングをして利用者が正確に用具を使用しているか?効果はあるか?などを確認して継続して使用できるという環境を作ることも仕事のひとつです。

 

福祉用具専門相談員は介護施設や在宅支援センターに所属している方が多いのですが最近は特殊ベッドなどを扱っている企業の従業員がこの資格をとり働いている方もいます。

 

そのような方は例えばベッドの調子が悪いときに具合をみたり修理に関連する作業をしたりできますのでとても重宝されます。ケアマネジャーに大変頼りにされる重要性の高い専門員なのです。