福祉用具専門相談員のやりがいとは?

福祉用具専門相談員のやりがいとは、やはり、利用者とその介護者に大変喜ばれるということです。

 

西暦2000年に介護保険制度が設立し、介護保険でケアサービスを受ける利用者は、自由に福祉用具を選べるようになりました。それ以前は利用者が福祉用具を選ぶ権利はほとんどなく、不自由な生活を強いられていました。

 

現在は車椅子や特殊寝台、体位変換器や歩行器、杖、スロープなどを借りることができます。腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽などは購入できます。

 

各利用者がどのような福祉用具が適切かを判断するのが福祉用具専門相談員の仕事です。しかし、一人で決めるわけではありません。主導権は利用者にあります。また、ケアマネジャーや介護者(家族)の意見も尊重し、その方に一番合ったものはどれか?考えます。

 

福祉用具専門相談員はまず利用者の介護ケアサービス表や直接面談で、その方の身体状態や、住宅状況、福祉用具を使用する目的などを知り得ます。

 

いろいろな事を話し合いながら、福祉用具を使用して日常生活の質のどの部分がどれくらい向上するかを検討し、目標達成の為の福祉用具を選定するのです。

 

まず、物が決まった時点で利用者はワクワクした顔になり嬉しさが伝わってきます。

 

例えば、納品するのが特殊ベッドの場合、ベッドを部屋のどこに設置するかも重要です。利用者、介護者、ケアマネジャーの意見を取り入れ決定します。

 

いよいよ特殊ベッドの納品の日に慎重に組み立て仕上がった時には達成感でいっぱいになります。そして、同時に利用者がとても感激してくれるのを見るとますます胸がいっぱいになります。そのベッドで快適に過ごす利用者の姿を見ていると、本当にやりがいを感じるものです。

 

福祉用具が効果を発揮し利用者の生活の質が上がった時、とてもやりがいを感じる仕事です。利用者の目標は、福祉用具専門相談員の目標でもあるのです。利用者、介護者、ケアマネジャー、福祉用具専門相談員の共同作業で得るかけがえのない充実感に包まれます。