福祉用具専門相談員の資格|開業する方法とは?

福祉用具専門相談員の講座を修了し、開業しようとされている方もおられるのではないでしょうか。

 

実際にどのようにして開業したらいいのか、その方法などをここでご紹介しようと思います。

 

開業した際貸与できるようになるものは?

福祉用具専門相談員として、福祉用具貸与事業を開業しようとする場合には、当然福祉用具を貸与することになります。

 

まず、福祉用具貸与として貸与することが可能となる福祉用具は、以下のようなものがあります。

 

・車椅子と車椅子付属品
・特殊寝台と特殊寝台付属品
・体位変換器と褥瘡(じょくそう)予防用具
・歩行器と歩行補助杖
・移動用リフト
・てすりとスロープ
・認知症の方の徘徊感知器

 

これらの福祉用具を取り扱う事が可能となります。

 

福祉用具貸与事業所を開業するには

開業したい場合には、まず株式会社・社会福祉法人といったような法人格を取得しなくてはなりません。

 

各都道府県に事業所の指定申請を行い、審査を受けて設立基準を満たしているとされる場合に、指定がなされます。

 

管理者を常勤で1名配置し、福祉用具専門相談員を常勤として2名以上配置することが必要になります。

 

管理者と兼任する場合、管理者としての時間は計算に含む事ができませんので、別々に配置することが基本となります。

 

そして、福祉用具貸与事業を行うためには、必要なスペースがあります。

 

プライバシーが守られる相談室(個室)や、会議室、事務室といったような場所を確保することも必要になります。

 

保険設備や消毒の機材といったようなものも揃える必要があり、準備にかなりの費用が必要となります。

 

福祉用具貸与事業として開業する場合、多くの書類や手続きが必要となり、ややこしいと感じる方もおられるかもしれません。

 

そのような方は、開業をサポートしてくれるようなサービスを利用することも一つの手です。

 

福祉用具貸与事業は、新規参入が難しい分野でもありますので、それなりの覚悟が必要です。