福祉用具専門相談員に将来性はあるの?

福祉用具専門相談員は、今やとても需要の高い存在でもあります。

 

ここでは、福祉用具専門相談員の将来性について、ご説明していきます。

 

福祉用具専門相談員の需要はとても高い!

高齢社会となっている日本において、自宅で介護を受けながら生活している高齢者の方はとても多くおられます。

 

そんな中、介護を必要としている方だけではなく、介護をする側の方にとって、福祉用具を活用することにはとても大きな意味があります。

 

ですが、ただ単に何でも福祉用具を使用すればいいということではありません。

 

介護を必要とする方のニーズに合った福祉用具が正しく選定されなくては、全く無意味なものとなってしまいます。

 

そんなことにならぬよう、福祉用具専門相談員は、利用者様の状態や障がいなどに合わせて、数ある中から福祉用具を正しく選定・調整するという役割を担っています。

 

車椅子一つをとってみても、様々なタイプがあり、どんな車椅子がその方にとって良いものなのかという事など、専門的知識と見解から選定することになります。

 

福祉用具専門相談員の活躍の場

今の日本で必要とされている福祉用具専門相談員ですが、どのような場所で活躍することができるのでしょうか。

 

福祉用具を扱うという事で、やはり一番はじめに浮かぶのは福祉用具レンタルの「福祉用具貸与事業所」だと思います。ですが、この資格は事業所だけではなく、介護現場でも活かすことができるのです。

 

ケアマネジャーや家族の方、福祉用具貸与事業所とのやり取りを行ったり、入居者様にとって一番良い福祉用具はどのようなものかという事について、提案することが出来ます。

 

自分が選んだ福祉用具で、利用者様の生活が良い方向に向かい、生き生きと生活されていることが分かれば、その時はとても大きなやりがいを感じることが出来ます。

 

福祉用具専門相談員はとても将来性のある資格・仕事であり、今後もますます需要が高まっていくものと思われます。

 

福祉住環境コーディネーターの資格をあわせて取得することで、さらなるステップアップも可能となっています。