福祉用具専門相談員のスキルアップ研修とは?

介護現場での介護方法やサービス、ケアの質の向上を目指し、スキルアップする為に職員研修などを企画する施設や介護職員も多くなっています。介護をすることに慣れてしまってはいけません。日々、利用者の状態や疾病の状況も変化しそれに伴う対応も必要になってくるからです。

 

福祉用具専門相談員も同様でしょう。用具の性能や新機能など日々開発され、その勉強を怠ることは出来ません。

 

介護現場での実践研修

福祉用具専門相談員は介護の現場で仕事することはありません。福祉用具の専門店、メーカーなどが主な働き場所になります。相談員は、利用者や介護者のニーズに沿った福祉用具を勤める専門店やメーカーから選び出し、説明して使用してもらうのですが、利用者の介護現場を知っている訳ではありません。

 

福祉用具専門相談員としてスキルアップを考えるには、介護の現場で実践する研修を受けることが良いと思われます。現場実習の研修は各自治体や公的機関、民間の研修機関などで行っています。

 

現場を知ることは、直接に福祉用具を使う利用者と介護者の両者の立場を知ることが出来ます。利用者にも介護者にも優しい安心な福祉用具を知ることで、用具の専門知識が実際に生きてくるのです。

 

介護現場の知識に、メーカー側の商品知識を合われば、福祉用具専門相談員としての自信とやりがいは大きなものになるでしょう。

 

スキルアップは視野と幅を広げる

福祉用具専門相談員は福祉用具の専門員ですが、介護福祉の業界を対象とする多くのスキルアップ講座が設けられ、その講座を受講することで、より高度で充実した知識を得ることが出来ます。

 

また、今の資格と異なる上級の資格取得も出来るので、業界全体を視野に入れた仕事の仕方、利用者に対するサービス提供の向上が見込まれます。

 

いくつかの例をあげてみましょう。
●福祉用具プランナー(試験有)
福祉用具専門相談員を対象として、公益財団法人テクノエイド協会が実施しています。

 

●福祉用具選定士(試験有)
福祉用具専門相談員として2年以上の実務経験を有する人を対象として、社団法人日本福祉用具供給協会が実施しています。

 

●福祉住環境コーディネーター(1〜3級まで試験有)
試験には1〜3級まで有り、2、3級に対象制限はありませんが、1級は2級資格取得者のみとなります。東京商工会議所が実施しています。

 

●福祉用具供給事業従事者現認研修会(試験無)
福祉用具供給事業従事者研修の修了者を対象としており、一般社団法人シルバーサービス振興会が実施しています。一定の条件を満たせば、ケアマネージャーの受験資格取得も可能です。

 

短期間の受講で取得出来る福祉分野の資格として、中高年世代にも推進している福祉用具専門相談員ですが、本人が希望してより良いサービス提供を望めばスキルアップの方法はいくらでも開けているのです。