福祉用具専門相談員と、併せて取得したい介護の資格とは?

介護福祉業界の中で、今や福祉用具専門相談員は無くてはならない専門職になっています。福祉用具を使用することで、利用者も介護者も楽になり出来なかったことが出来るようになるのです。

 

しかし、福祉用具の専門知識だけでは、何かが足りないと感じる相談員も多いことでしょう。

 

福祉用具専門相談員の資格を取った後、または、先に介護職を経験してから仕事の幅を広げる為に、他の資格を合わせて取得する人も多くなっています。

 

介護職員初任者研修

福祉用具専門相談員の資格取得の為に受講する人の中には、すでに介護職員初任者研修の資格保持者がいる場合も多いのです。福祉用具は介護を必要とする人の為のものであり、介護する人も楽にしてくれるものでもあります。

 

毎日介護する利用者がもっと楽になる為には、どうしたら良いか、どんな用具があれば良いかと介護する人は考えるようになります。

 

そこで、介護職としての幅を広げる為、福祉用具の専門的知識を得ることでより良い介護サービスの提供の為に、福祉用具専門相談員の勉強をする必要を感じるのです。

 

また、先に福祉用具専門相談員の資格を取って、福祉用具専門店で仕事を始めても、もっと介護の現場を知っていたら、利用者により良い提案が出来るのではないかと考えるようになります。

 

実際に福祉用具を使用する人に直に接するには、やはり介護職員初任者研修の資格を同時に取得するか、前後して取得している方が、就職にも差が出てきます。

 

介護職員初任者研修と福祉用具専門相談員の資格は、双方の仕事に大変必要な内容を補い合いますから、合わせて取得するには一番有効な資格と言えるでしょう。

 

福祉住環境コーディネーター

福祉用具専門相談員はケアマネージャーや利用者と家族の間に立って、介護保険の適応を受けた福祉用具のレンタルや販売をすることで、利用者の自立へのお手伝いをします。

 

この時、福祉用具だけでなく、居宅の改修工事の提案や説明、業者との仲介役も果たします。リフォーム会社や建築会社とのやり取りも有りますから、福祉用具専門相談員の知識だけでは足りないことを感じるようになります。

 

福祉住環境コーディネーターの知識が欲しくなるわけです。福祉用具を使う場である居宅をリフォームする知識を十分に発揮して利用者に提案できれば、もっと安心して生活しやすい毎日を提供できるのです。

 

福祉住環境コーディネーターは難しい資格ですが、介護を支える人を物(福祉用具)と箱(住まい)の分野で応援する仕事として、より専門的な仕事となるのではないでしょうか。