福祉用具専門相談員研修ではどんな事を学ぶの?

以前は介護の仕事は行政の管轄であったので、利用者に福祉用具などの決定権はありませんでした。

 

しかし、2000年の介護保険法施行と同時に介護サービスに対する決定権は利用者になり、福祉用具相談員の仕事に目が向けられるようになったのです。

 

介護は施設から在宅へ

介護保険制度によって、利用者は自分に合った介護サービスを受けることで、ベッドや車いす、腰掛便座、入浴補助具などを購入することが出来るようになりました。

 

福祉用具専門相談員が、福祉用具に関する専門知識を生かして、ケアマネージャーや利用者に福祉用具の貸与や購入についての相談・助言・選定が出来るようになったのです。

 

福祉用具すべてが介護保険制度の給付対象になるわけではありませんから、相談員は介護保険制度を十分に理解して、利用者が上手に活用できるように支援しなければなりません。

 

こういった福祉用具専門相談員の出現によって、施設任せの介護から在宅での介護へと流れが出来てきたのです。

 

どんなことを学ぶの?

福祉用具専門相談員の資格は、誰でも取得することが出来ます。受講して修了すれば試験なしで取得できる資格になります。

 

受講時間は、各都道府県が行う(各スクール)研修で40時間、シルバーサービス振興会が行う研修は50時間と異なります。

 

受講内容も多少異なるかもしれませんが、老人保健福祉に関する事、介護と福祉用具について、介護福祉関連領域の専門知識、福祉用具の説明や実習になります。

 

スクールによっては、実際の福祉用具展示場に行って種類の豊富さを実感し、福祉用具の機能や使用方法などを直接学びます。

 

また、介護保険利用者の中には、福祉用具の貸与や購入だけでなく、住宅の改修(廊下やトイレの手すり取り付け、室内の段差解消、ドアをスライドドアになど)も対象になります。

 

福祉用具専門相談員には、住宅改修についての助言や選定も求められますから、福祉用具に留まることなく、介護保険を利用して出来る事は何なのか、利用者が希望することは何かを知る事、利用者の家族やケアマネージャーと連携して情報の共有と協調性が必要になってきます。

 

受講内容だけでなく、資格取得後に実際に働き始めてから得る知識や必要となる事柄が発生することも多いでしょう。