福祉用具専門相談員研修の内容

福祉用具専門相談員となるためには、研修を受けなくてはなりません。その福祉用具専門相談員の研修では、どのような事を学ぶのでしょうか。

 

ここで少しご紹介していこうと思います。

 

福祉用具専門相談員の研修内容

まず、福祉用具専門相談員となるためには、都道府県が指定した福祉用具専門相談員指定講習を受講することになります。

 

そこで、所定の課程を修了することによって、福祉用具専門相談員となることが出来ます。

 

福祉用具相談員指定講習のカリキュラムは、以下のようになっています。

 

福祉用具と福祉用具専門相談員の役割

福祉用具の定義や役割などを理解するなど。

 

介護保険制度等に関する基礎知識

介護保険制度の目的や仕組みを理解する、他職種連携に関する重要性を理解するなど。

 

高齢者と介護・医療に関する基礎知識

リハビリテーションにおける福祉用具の意味の理解、高齢者の日常生活の理解、住宅改修の目的や仕組みを理解するなど。

 

個別の福祉用具に関する知識・技術

福祉用具の種類や機能を理解する、状態に応じた福祉用具の選定方法を理解する、福祉用具の特徴を理解するなど。

 

福祉用具に関わるサービスの仕組みと利用の支援

モニタリングの意義などを理解する、住宅環境などを踏まえた目標の設定などを理解する、福祉用具の活用方法を理解するなど。

 

福祉用具の利用の支援に関する総合演習

事例を通して、福祉用具による支援の手順をイメージし、活用技術などを修得するなど。

 

このように、福祉用具の活用方法はもちろんのこと、選定方法、リハビリテーションや在宅医療、福祉用具導入のポイントなど、様々な内容について学ぶことが出来ます。

 

福祉用具専門相談員は、「福祉用具貸与事業」を行う際、各事業所に必ず2名以上配置しなくてはならないという義務があります。

 

専門的な学習を通して、重要な役割を担う福祉用具の専門相談員として活躍していくことが可能になります。