福祉用具専門相談員はどんな所で働ける?

福祉用具専門相談員は、高齢者や障害者に福祉用具をレンタルしたり、販売したりするときに選び方や使用方法などについて適切にアドバイスする専門職になります。

 

介護保険制度で保険給付対象になる要介護認定を受けた場合は、ケアプランによって必要とされる福祉用具、住宅の改修工事などを福祉用具専門相談員の相談・助言・選定によってレンタル、購入が出来るようになります。

 

福祉介護用具販売関連

福祉用具とは、車いす、トイレ用手すり、介護ベッド、床ずれ防止用具など高齢者や障害者の生活を支援する用具全品を言います。

 

これら福祉用具のレンタルサービスや販売をする会社には、事業所ごとに2名以上の福祉用具専門相談員を配置しなければいけない規則になっています。

 

これでも分かるように、福祉用具に専門的な知識と的確な助言ができる専門相談員は、いなくてはならない重要な業種と言えます。

 

主な勤務先

福祉用具専門相談員の働き先は、福祉用具販売・レンタル店、ドラックストア、スーパー・介護福祉用品コーナー、ホームセンター・介護福祉用品売り場、生活用品販売店、訪問介護事業所、福祉用具メーカーなど、活躍の場は広がっています。

 

福祉用具を扱う店舗が増えたことは、高齢者の増加に伴って介護用品の必要性が高くなったことと、障害者や介護を必要とする人も外に出て、自分で確かめて購入する受け入れ態勢が進んできたからと思われます。

 

身近なドラッグストアや大型スーパーでも取り扱う福祉用具の種類や品種も増え、介護利用者や障害者が地域社会の中でも受け入れられるようになってきたことを表しているのではないでしょうか。

 

住宅リフォーム

福祉用具専門相談員は、自宅で介護を受けるのに必要となる住宅のリフォーム、改修工事の相談・助言・選定などアドバイスしなければなりませんから、住宅関連のリフォーム部門などにも仕事する場はあります。

 

または、リフォーム用品製造会社や、介護用品製造会社などのメーカーにも専門知識を持つことで、活躍の場を見つけることは出来ます。

 

住宅関連については、福祉住環境コーディネーターの資格を合わせて取得すれば、より活躍の場は広がり、給料アップも望めるでしょう。